ルナメアACのノンコメドジェニックって?その効果は?

ルナメアACのノンコメドジェニックテスト済み

 

 

「ノンコメドジェニック」

 

スキンケア商品や化粧品のパッケージでよく目にするこの言葉、聞いた事はあるけど、イマイチどういう意味なのか分からない…あまり気にせず使っている…そんな声をよく聞きます。今回は、ルナメアACにも記載されているこの「ノンコメドジェニック」についてご紹介します!

 

 

そもそもノンコメドジェニックってどういう意味?

attractive asian woman beauty image on blue background「コメド=角栓(毛穴に詰まった皮脂や角質の固まり)」

簡単にいうと、ノンコメドジェニックとは、ニキビの原因となるアクネ菌を増やしてしまう油分を含んでいない、ということを意味します。

 

そして、これを製品に記載させるには、「ノンコメドジェニックテスト」というものに合格してお墨付きを頂かなければいけません!このノンコメドジェニックテストは、各化粧品会社ごとに行われ、皮脂腺が多い人の背中の皮膚に試験サンプルを塗布し、コメド形成評価で「陰性」を確認されると「ノンコメドジェニックテスト済み」の表記を独自で示す事ができるのです!

 

このテストを通った化粧品は、通常の化粧品より「ニキビ(コメド)が出来にくい化粧品」となります。トクホみたいな感じで、「ノンコメドジェニックテスト済みがニキビが出来にくくなる製品です」というような看板代わりになってくれるので、購入する側からしたら、なんとなく安心だし分かりやすいですよね。

このテスト、受けるのにもかなり莫大なお金がかかるようです(^^;

 

 

テスト済みとそうでないものの違いは?

AdobeStock_43971340テスト済みのものはニキビの原因となる「油分が含まれていない」ということが明確化されているので、すぐに判断ができます。

もちろん、この「コメドジェニックテスト済み」という表記がない商品であっても、オイルフリーな化粧品はありますし、肌質によってはニキビに効くものもあります。

 

中には「コメドジェニック処方」という記載がされているものもあり、こちらはテストとは関係なく書かれているので注意が必要です。

 

ルナメアACはコメドジェニックテストをしっかりクリアしていますし、口コミでも高評価を多く目にしますね。実際私自身もルナメアACを使い始めてからは、ニキビが出来にくくなり、愛用している1人でもあります。

 

コメドジェニックテスト済みと書いてあるから絶対にニキビに効く!とは言いきれませんが、今までのスキンケアではニキビが治らなかった方、脂性肌の方など、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

コメントを残す