白ニキビに効果抜群の洗顔方法!?

白ニキビ洗顔方法

 

 

白ニキビって「間違った洗顔」をすると悪化するみたい。「するみたい」じゃなくて実際悪化したんだけど・・・でも「正しい洗顔」を教えてもらったんですよ。そしたら本当に白ニキビがすごく良くなったんです。

 

「嘘くさいでしょ。」でも本当!ポイントは「理にかなった洗顔」をするとです。

 

 

 

「理にかなった洗顔」って?

白ニキビ洗顔白ニキビってなんでできちゃうんでしょう。洗顔をしすぎたりしてお肌が乾燥すると「水分の蒸発」を防ぐためにお肌は皮脂を過剰に分泌しちゃうんです。

「過剰に分泌された皮脂」と「老廃物」が
毛穴を詰まらせてしまって白ニキビが完成。

 

だから白ニキビの根本的な原因は「お肌の乾燥」ってことなんです。でも詰まった毛穴の汚れを取らないと白ニキビは改善しない、だけど丁寧に洗顔しすぎるとお肌は乾燥してしまう…だから、

 

 

「毛穴の汚れを【効率良く】掻き出しつつ【短時間】で終わらせて乾燥を防ぐ!」

 

 

っていう洗顔が理想。これが「理にかなった洗顔」です。「理にかなった洗顔」をするには、「洗顔料選び」と「質のいい泡」を作ることが大切。ホイップクリームみたいにきめ細かくて弾力のある泡は毛穴の中に素早く入り込めるから「短時間」で毛穴汚れを掻き出すことができるんですって。

 

「質のいい泡」が作れる洗顔フォーム、私はルナメアACのファイバーフォームを使ってます。では「理にかなった洗顔方法」をお伝えします!

 

 

じゃあ、その白ニキビに効果抜群の洗顔方法は?

ステップ1 モッチモチの泡を作る

 

泡立てネットをぬるま湯でぬらします。ネットの水気をしっかり切ってください。ネットに洗顔フォームを3cmくらい出してよく擦って泡立てていきます。ポイントは「水を足さない」こと。水を足すとよく泡立つんだけど「キメ」は全然細かくならないんです。

 

目標は「モッチモチのホイップクリームみたいな硬さの泡」を作ること。水分の多いボソボソの泡をたくさん作っても意味がありません。「泡立ちが悪いかな」って思っても大丈夫。泡立てネットを絞ればすごい弾力の泡が出てきますよ。

 

 

ステップ2 手早く洗顔

 

「もちもち泡」が出来上がれば次は「短時間で効率よく汚れを取り除く」洗顔。「もちもち泡」さえあれば勝手に汚れは取ってくれます。

 

「とにかく素早く洗うことだけに集中しましょう!」

 

おでこ・鼻に先に泡をのせて泡を顔全体に移動させるようにクルクルと洗います。手がお肌に触れないくらい軽いタッチで泡を動かす感じです。

 

 

ステップ3 よく流してすぐ保湿

 

熱いお湯はお肌の乾燥を招いてしまうから、たっぷりのぬるま湯で手早くしっかり泡を流し、間髪入れずに保湿!とにかく水分が蒸発する間を与えないのが大切なんですね。実際私が最初にこの洗顔をしたとき、

 

「こんなので汚れって取れてるのかな…?」

 

って不安になりました。でも効果は抜群。今まで「丁寧に洗顔」してたと思ってたんですけど、その洗顔がお肌を乾燥させて白ニキビを悪化させてたんですよね・・・「理にかなった」お手入れって本当大事だし効果が出るのも早いなって実感してます。

 

 

 

 

 

コメントを残す